からだ超覚醒

こんばんは!王子堂の王子真史です。

 

今日は最近読んだ本のご紹介です。

FullSizeRender 8

天城流湯治法湯治司の杉本錬堂先生のからだについて、ご自身について書かれた本で、「からだ超覚醒」。

とても読みやすくて面白かったです。

 

天城流湯治法とは自分のからだを自分で守る手当法です。

 

たくさんの興味深い内容の中でも特に印象に残った文章は、

 

「自分のからだとは一生の付き合い。

人のからだとは車と一緒で、最初の頃は何もしなくても動くが、あっちにぶつけたり、こっちにぶつけたりして具合が悪くなると、毎日手入れして動かさないと動くようにならない。

人体もそれと同じです。

驚くことに、地球上の動植物の中で、自分で手入れをしないで生きているのは人間だけ。

木だって察知して枝を落としているし、根っこの張り方もそれをわかって生えていく。

犬だって、猫だって、伸ばしたり縮んだり舐めたりしている。

鳥も暇さえあれば毛づくろいしている。

人間だけが、具合が悪くなると、自分で手入れせず、すぐ誰かの手に委ねる。

しかし、自分のからだは自分で手入れをする。

これが1番大事なことです。

そして、毎晩からだに感謝しながら、「今日1日よく頑張ってくれたな」と言ってあげると尚良いです♪

 

操体法と一緒ですね(^-^)

 

 

コメントを残す

LINE@に登録する
すぐに電話する