ダンスのお話

こんばんは!

神戸市東灘区 岡本駅前で、頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・耳鳴り・めまい・不眠・産後の腰痛・逆子など、
慢性症状専門の整体院「王子堂」の王子真史です。

 

今日はダンスをされている患者様との会話から面白いお話が聞けたので、書かせていただきます。

 

「ダンスをしていて、体が柔らかい人が必ずしもダンスが上手という訳じゃなく、むしろ体が硬い人が上手だったりするんです」

 

この事から何が言えるのかというと、体のバランスだったり、体のつながり(連動性)にあると思います。
体が硬い方が良いということではありません。

 

でも、いくら前屈をして手が床にペタッとついても、体のバランスが崩れていたり、うまく連動して動いていないと、せっかくの柔らかさが生かせる事が出来ません。

 

つまり、柔軟性も大切ですが、体のつながり・バランスがとっても大切なんです。

その「つながりやバランス」を操体法の動きをする事で改善していく事ができます。

 

ダンスだけではなく、実際に当院に通われていて、テニスやゴルフ、サッカーをしている方たちが以前よりベストスコアを出せたり、試合で良い成績を残せるようになっています。

 

スポーツされている方にも、この操体法はとってもオススメなんです。

 

「王子堂のLINE」をはじめました!

ラインからのご予約、ご質問も可能に!!
また月1回程度で、「健康について」「お得なキャンペーン情報」「操体法教室」についてなどなど、様々な情報発信ができればと考えています♪

下のボタンよりライン@にご登録お願い致します!
友だち追加

電話でのお問い合わせはこちらから
078−451−0220

フォームからのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

このページの先頭へ