腹式呼吸

こんばんは!王子堂の王子真史です。

 

今日は「腹式呼吸」についてのお話。

呼吸で吸うときに「背中が痛い」とお困りの40代の女性。

 

呼吸をみると、胸のあたりで呼吸をしている感じ、いわゆる「胸式呼吸」です。

これは女性に多いのですが、

できれば「腹式呼吸」の方が、横隔膜がしっかりと使え、

精神や血圧の安定、脳の活性化に良いとされています。

 

さっそく「腹式呼吸」の練習をしてみると、

「吸うときはお腹はへっこみます!?」

と通常とは逆に動いちゃっていました。

 

吸うときには、お腹が膨らみ、

吐くときには、お腹がへこみます。

 

一緒に練習をしてみて、覚えていただきました。

 

ちなみに呼吸は「はく」ことからはじまります。

体の中の余分なものを全てはききれば、あとは自然と入ってきます。

 

「呼吸」はとっっっても大切です。

 

操体法でいう、責任行動「息・食・動・想」のうちの1つの「息」です。

 

私も気づいたときには、しっかりと「はくこと」をを意識的におこなっています。

 

不思議とからだから力がみなぎってきますよ(^-^)♪

 

 

 

 

コメントを残す

LINE@に登録する
すぐに電話する