歩くときに〇〇を意識するだけで腰の痛みが取れた!

こんばんは!王子堂の王子真史です。

 

今日は、患者様とのお話の中から、

 

体の使い方で、

「足は親指側、手は小指側を意識して使う」

という基本の動作があります。

 

このことを先月号の王子堂通信に書いた記事を読んで、実践された患者様がおられて、

「実際に足の親指側、そして手は小指側を意識して、歩くようにしたところ、

それまで、慢性的に痛かった腰が痛まなくなったというではありませんか!

 

これを意識することで、体の「重心が中心」に近づいた動きが出来てきます。

 

そうすると、体全身がバランス良く上手く使えてきます。

 

体にとって1番無理のない楽な使い方です。

 

痛みが出るのは、重心が中心から外れたバランスで使うために、日常生活で、余計な負担が体にがかかりすぎることで、

筋肉が硬くなって、痛みが出るのです。

 

体の使い方が上手になってくると、痛まないカラダになっていきます。

 

操体法は、「今までのからだの使い方を見直し、気づき、そして変えていくためのお手伝い」のようなものです。

 

王子堂で、一緒に一生、痛みや不調のない健康なからだを手に入れましょう(^-^)

コメントを残す

このページの先頭へ