脊柱管狭窄症

こんばんは!王子堂の王子真史です。

本日は患者さまの症例です。

脊柱管狭窄症と病院で診断されて、手術を勧められているが、今月末に東京の幼なじみのコンサートにどうしても行きたくて、どうにか歩けるようにしてほしいと、ご来院の70代の女性です。

以前も投稿されていただきましたが、途中経過の報告です。

以前は自宅から王子堂まで、歩いてくるのに、3回休憩しながら30分かけていたところ、今日は1回の休憩で23分で来れたと喜んでのご来院でした。

長く歩いてると腰の痛みは出てくるが、随分と痛みも楽になって、何より姿勢が変わってきた!と嬉しそうです(^○^)

 

今日もいくつか操体法をして、

腰の動き、痛みは良くなって、

最後に腰の右ねじりでだけ痛みが残こるとのことでした。

そこで最近はまっている、「胸骨はがし」。

最後の痛みもスッキリとれて、ハイOKです!

 

1か月半で姿勢がこんなに変わりました(^○^)

本人も大喜びでした🎶

FullSizeRenderimage

 

明日から仙台研修のためお休みさせていただきます。

来週の月曜日は祝日ですが、午前中は営業致しますので、よろしくお願いいたします(^^)

コメントを残す

このページの先頭へ