筋肉よりも骨を使え!

こんばんは!整体院王子堂 王子真史です。

今日は面白い本を読んだので、ご紹介させていただきます!

「筋肉よりも骨を使え!」というタイトルで、

武術家の甲野善紀さんとスポーツトレーナーの松村卓さんの対談形式の本でした。

「ウサインボルトがあんなに早く走れるのは、他の選手のように体幹をガチッと固めてしまわず、骨組みをうまく動かしながら進んでいるからだ。」とか

「筋肉に頼らずからだの使い方1つで、80キロも重たい相手も崩したり」

中でも驚きの写真がこちら!!

 

300キロの米俵を担ぐ明治時代の女性の写真です。

小柄な女性がこれだけの重さに耐えられるのは、

「筋肉ではなく、骨格をうまく使い体幹を安定させるからです!!」

素晴らしいです。

からだのは様々な可能性に満ちています♪

面白いですね(^-^)

コメントを残す

このページの先頭へ