仙台研修1日目のレポート

こんばんは、王子堂 王子真史です。

先週の金曜から仙台に研修に行ってきた様子をレポートさせていただきます。

 

 

まずは、肩の亜脱臼に対する操法。

たいていは肩が内側にずれていることが多いので、

脇の下に親指を入れ、肩の骨頭を触れてそのまま外にグイッとずらしながら、肩を上げてみる。

これで肩が上げやすくなっていればOKです。

 

その他、肩の動きを良くするために「大胸筋を肋骨からはがす」という方法もあります。

また前側で変わらなければ「後ろの肩甲骨についた筋肉をはがしてみる」。

 

続いては、腕や足の操法で、「捻りと押すor引くを合成した操法」。

実際に受けてみると、捻りだけ、押すだけと比べて、気持ち良さがより感じられました。

効果も良さそうです。

以上です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

LINE@に登録する
すぐに電話する