脊柱管狭窄症の患者様

こんにちは!王子堂 王子真史です⭐︎ 今日も暑いですね!

本日は「脊柱管狭窄症」とお医者さんで診断された患者様の症例です。

4月から痛みがひどくなり、整形外科や鍼灸整骨院に通っていたけれど、あまり変化なく、手術を勧められているのですが怖くて、最後の頼みにとうちに来てくれました。

FullSizeRender

 

立位で後ろから見てみると、随分と右に傾いています。

500メートルと歩けないそうです。
施術は、ガチガチに硬くなったふくらはぎを剥がして、

仰向けはしんどいので、横向きで肩甲骨の動きから、背骨、骨盤、足への連動の使った操体法で、気持ち良さを味わっていただきました。

 

IMG_3038

 

そして、再び立って姿勢チェック。

随分と真っ直ぐになってきましたね♪

でも本人は、まだ腰やお尻の痛みがある様子。

なので、とっておきの「足指裏剥がし」。

やっぱりカチカチになっているところがあり、触ると体がビクっとなり、これで立って確認したところ、痛みはほとんど治っていました。

 

こちらの患者様は9月末に、小学時代からの友人のコンサートが東京であるそうで、

なんとか元気に歩けるようになって行きたいとおっしゃっていて、

ぜひその手伝いをさせていただけるよう、私も全力でサポートしていきます!

またその後の様子もレポートさせていただきますね(^-^)

 

 

今日は神戸と大阪で花火大会がです♪ワクワクしますね♪

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

LINE@に登録する
すぐに電話する