心とからだについて

よく「心とからだは関係している」という言葉は聞いたことがあると思います。

実際にご自身でも体験されている方も多いのではないでしょうか?

先日ご来院された患者様で、1ヶ月ほど前から「急に肩が重く上がりづらくなった」という方がいました。

まずは普段通り、からだ全体のゆがみを調整してみました。確認したところ「動きや痛みは軽くなったが、まだ少し残る」ということでした。

表情を見ていてもまだ納得しない様子、少し気になってお腹のあたりを手で触れてみました。

すごくガチガチになっていて、なんとなく私の手に「怒りと寂しさ」のようなものを感じました。聞いてみるとちょうど1ヶ月ほど前からそういった感情があったそうです。

そのままお腹の上に少し手を置いて、声に出して「寂しい」など言ってもらい、お腹にためていたものを吐き出してもらいました。

すると、不思議とお腹が少しづつ緩んできました。

再び、肩の動きを見てもらうと、すごく軽く楽になっていました!

本人もすごく驚き満足そうでした。(良かった〜!!)

 

今回の場合、肩の重だるさと上がりにくさは、主に感情や想いといった”こころ”の面から出ていたものでした。

最近はすごくストレス社会で、「いつも頑張って、無理して」知らず知らずのうちにこういった”こころ”の影響から、”からだ”の不調が出ているといったケースが非常に多くあります。

当院では、からだだけでなく、心とからだの調和にも力を入れています。

もしお困りの方がおられましたら、きっとお力になれると思います。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ