片頭痛

「片頭痛」でお困りの方へ

こんな症状でお困りではないですか?

・定期的に頭痛がする
・ズキンズキンという痛みがある
・薬を飲まないと耐えられない
・疲れが取れにくい
・頭痛時には音や光も気になる
・頭痛に左右差がある

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください

 

「片頭痛について」

片頭痛(血管の収縮による頭痛)

症状
発作的にズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴。
片側に出る場合と両側に出る場合があります。
数時間で終わることもあれば3日ほど続くこともあるが命にはかかわりません。

月1回、週1回などの頻度で起こることが多く、1度発作が出ると寝込んでしまい、何もできなくなってしまう事が多いです。
嘔吐や吐き気を伴うが多く、におい、光や音に対して過敏になります。

下痢を伴う事もあり、体を動かすと痛みが悪化します。
発作が終わると何もなかったように普通の生活に戻ります。
若い女性に多く、ストレスから解放されたホッとした休日に起こることが多いです。

原因
頭の血管が拡張(広がる)して炎症を起こします。
頭の血管や三叉神経の関与などいくつか説がありますがストレスから解放されて気が抜けたときに起こりやすいです。

前兆がある場合とない場合があります。
前兆がない場合が多いが前兆がある場合には視野欠損、目の前でギザギザしたものが見えたり、目が回る、光がチカチカする、飛蚊症などが起こりやすいが他にもダルさ、イライラ、食欲亢進、眠気、むくみなどがあります。
熱い風呂や人ごみ、アルコール摂取、寝不足(寝過ぎ)、月経、血糖値の低下なども原因と考えられます。

対処法
とりあえず辛いので部屋を暗くして静かにして安静にする。
寝ることで広がりすぎた血管が戻って頭痛が軽減できるとも考えられています。
頭の血管が拡張(広がる)ことによって起こることが多いのでこめかみや頭の痛い部分を冷やします。血管を圧迫したり、コーヒーを飲んだりしてもいいです。

予防
規則正しい生活、血糖値低下を防ぐためにきちんとした食事、寝不足・寝過ぎに気を付けることが重要です。
チーズ、赤ワイン、アルコールやチョコレートは避けます。
予兆が出たときにはこめかみや首の動脈を圧迫して血管拡張を防ぎましょう。

改善のポイント

体は常にバランスをとっています。

ba1
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ