操体法

まず1番に頭に入れておいていただきたいことは、

人間は誰しもが健康で幸福に一生を送れるように、完璧に設計されて生まれてきた

ということです。

もしそうでないとすれば、病気になったら治る見込みはありません。

「治る」ということは「元に戻る」ということです。

設計通りの元の体に戻ればいいのです。

 

「操体とは、体を気持ちよく動かして元のようにすること」です。

体操とは意味が違います。

h014

操体法は、(故)橋本敬三先生が名付けまとめた純日本医学。

「快適に満足して充分に生きてゆく」ための道しるべです。
「快適に満足して充分に生きてゆく」とは言っても

【どこにも不具合のない完璧な心身=100点】を追求するものではありません。

60点でマにあえばいいのです。
【完璧】を目指してしまうと、不安感や恐怖感が心の中に生み出され
それを解消しようとして頑張りすぎて、欲張り、威張り
しまいには生きて行くための最も大切な【感覚】を鈍くしてしまうことになります。

人は、ある許容範囲のバランスの中にいれば
なんとなく快適に生きて行けるようになっています。

60点で、まずまずマにあっていれば充分だ
という気楽な考え方が操体のポイントです。

橋本先生はお医者さんでしたから
身体と心の本当の治し方が知りたくて
様々な治療法や予防法などを実際にためしてみました。

そして最終的にわかったことは

「気持ちのいいことをすればいい」

という原始感覚が指標となるシンプルなことでした。

操体法は、いつでも、だれでも、どこでもできる整体です。

王子堂では、私たちプロの治療家が整体するだけでなく
一人でできる整体も指導していきます。

 

 

・4つの責任行動

人間の健康状態は、「呼吸飲食精神活動身体運動」の4つの基本行動と、環境との関連から成り立っています。

言い換えると、

毎日の生活が自分の体を作っているということです。

呼吸、飲食、精神活動、身体運動はその人の責任行動ですから、

人によってどうにでも変えられるし、その結果、健康にもまた色々と違った状態が現れるということです。

これを知ってると知らないとで、人生が大きく変わります。

 

 

 

このページの先頭へ