五十肩

五十肩は神戸市東灘区 岡本駅前の王子堂へ

こんな症状でお困りではないですか?

・肩が上がらない
・夜中にうずいて寝れない
・顔を洗うときや洗濯物を干すときに痛い
・腕にしびれがある
・力が入らない

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください

「五十肩(肩関節周囲炎)について」

症状
・肩こりは筋肉疲労ですが五十肩は炎症です。
・肩を動かすと激痛が走る。
・腕が後ろに回らない。
・腕が上がりにくくなる。夜寝ているとうずく。などの肩の動かしづらさが特徴です。

それによりTシャツを着たり、帯を結んだりなどの動作がしにくくなります。
肩の後ろ側(背中側)は大丈夫ですが、前側(胸側)を押すと痛いのが特徴です。
一般的に腕をねじる動作が難しくなります。

 

原因
詳しくは分かっていませんが、腕の骨と肩甲骨の関節である肩甲上腕関節の周囲にある多くの筋肉が年齢的に衰えて炎症が起きていると考えられています。
筋肉のバランス不良による骨と骨の衝突や、スポーツなどで酷使することで筋肉が傷つくことが原因と考えられています。
構造上、血液供給が少ないために傷ついても回復しにくい部位なのです。

高い場所の枝を切るなどずっと腕を上げている作業続くと発症する事が多いようです。
他にもスポーツなどで急に激痛が走り、それ以降肩を動かすたびに痛むというケースもあるようです。

 

対処法
温めることで痛みが和らぐことが多いです。
しかし、冷やしたほうが気持ちが良ければ冷やします。
多くは半年から1年くらいすれば痛みは和らぎますが、適切な治療を受けることで回復は早まります。

 

予防
肩こりと同様に肩甲骨の円滑な動きを維持することが重要です。
姿勢や運動不足により肩関節の動きがバランスを崩すこともあるので日常的な運動はしたほうが良いでしょう。

 

体は常にバランスをとっています。

ba1
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ