足底筋膜炎・足底腱膜炎

足底筋膜炎・足底腱膜炎でお困りのあなたへ

こんな症状でお困りではないですか?

  • 歩くと足の裏が痛い
  • 踵の部分が痛む
  • 朝起きた時に、足の裏が突っ張っている
  • 土踏まずを押すと痛い
  • 痛くて走れない

などなど
もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください

 

「足底筋膜炎について」

原因

一般的に足底筋膜炎の原因は、足の裏の筋肉の硬さと言われています。

ではなぜ足の裏の筋肉が硬くなるのでしょうか?

それは体全身のバランスが崩れ、歪みが生じた結果、必要以上の負担が足の裏にかかり、

足裏のアーチが崩れ、筋肉が硬くなっているのです。

 

改善のポイント

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです。

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

 


足底筋膜炎のブログより☆

こんばんは!

神戸市東灘区 岡本駅前で、頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・耳鳴り・めまい・不眠・産後の腰痛・逆子など  慢性症状専門の整体院
「王子堂」の王子真史です。

今日は、「足底筋膜炎」と病院で診断された60代女性の患者様の症例です。

レントゲンでは、右の踵の骨に「踵骨棘」とよばれる変形がみられたそうです。

しかし、痛みがあるのは左でした。

つまり「踵骨棘」が「痛み」に必ずしも結びつくとは限らなさそうです。

前回ご来院された際に

「半年ほど前から、朝起きた時に踵が突っ張って痛むんです」とのことでした。

ふくらはぎと足首がすごく硬くなっていたので、

ふくらはぎ、足首まわりを「はがし」で緩め、全体のバランスを操体法で整えていきました。

そして今回、「あれから随分と楽になりました!」

とおっしゃっていただけました(^-^)

 

 

このページの先頭へ