外反母趾

「外反母趾」でお困りの方へ

こんな症状でお困りではないですか?

・歩くと痛い
・指の骨が曲がっている
・合わない靴が多い
・指にピリピリした痛みがある
・足が疲れやすい
・むくみやすい
・しびれがある

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください

「外反母趾について」

症状
足の親指が曲がって小指側に変形している状態です。
最近では若い女性に急増しており、外反母趾は多くの症状を併発してしまいます。
悪化していくと立位時や歩行時にも痛みが現れてきます。
さらに膝痛や肩こり、しびれなども二次的に起こってくる恐れもあります。
自律神経障害の方も原因が外反母趾の事も多いのです。

原因
合わない靴を履いていることが大きな原因です。
踵の高いヒールやつま先の細い靴を長時間履くことで靭帯が緩み、指が変形してきてしまいます。
女性の多いことからホルモンの要因も考えられています。
若い女性だけではなく、子供にも発症しています。
この場合は筋力が弱いことが原因です。

予防
自分の足に合ったきつすぎない、緩すぎない靴を履く。
運動不足を解消する。(歩くのが少なくなっている現代では足の筋力低下が起こりやすくなっています。)

足指の筋力を強くする。
具体的には
裸足になり、足の下にタオルを敷きます。
足指の動きだけでタオルをたぐり寄せます。
これはタオルギャザーと呼ばれる方法で足指を鍛える訓練です。
指が曲がってしまっている場合には伸ばすようなストレッチも有効です。

改善のポイント

ba1

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ