更年期障害

こんな症状でお困りではないですか?

・動くのがおっくうになった
・カーッとすることがある
・自律神経が乱れている感じがする
・便秘やめまいで悩むようになった
・一気に老け込んできた
・疲れが抜けない
・他人と関わりたくない

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください♪

「更年期障害」について

症状
主に45~55歳あたりを更年期と言います。
閉経が近づくことで卵巣機能が低下します。
それによりホルモンバランスが崩れることで起こる身体的・精神的不調の総称です。
自律神経失調症の1つです。

非常に個人差が大きく、出る症状は異なります。
女性だけでなく男性にも起こります。

・自律神経症状・・・自律神経の乱れにより、発汗、動悸、腹痛、血圧の変動、痺れ、便秘、耳鳴り、肩こり、腰痛、めまい、だるさ、頭痛、微熱、頻尿、ほてり、疲れ、息切れ、関節痛、口渇感、頻脈など

・精神症状・・・くよくよ、怒り、無気力、イライラ、ウツ、不眠、集中力の低下、ヒステリーなど

原因
卵巣機能低下で女性ホルモンバランスの変化することによって起こる。
エストロゲンというホルモンが減り、脳にある自律神経の中枢に影響を与える。

予防
亜鉛やビタミンEはホルモンバランスを整える作用が高いのでしっかりと摂取しましょう。
食生活や生活習慣の見直しは重要です。
適度な運動も更年期障害が軽くなるという報告があります。

改善のポイント

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、骨に対する治療だけ、神経に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力(自然治癒力)を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ