側弯症

側弯症でお困りの方へ

こんな症状でお困りではないですか?

  • 背中が曲がっている
  • 前屈すると背中の高さが違っている
  • 同じ姿勢を取っていると痛い
  • 寝ていたり座っていると背中に違和感がある

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください

 

「側弯症について」

背骨がねじれを伴いながら曲がってしまう病気です。
思春期以降の女性に多く発生します。
側彎症になるときには、ほとんどの方が痛みを伴いません。

 

原因

原因のわかっているものと、わかっていないものがあります。
現在のところ、次のように2つに分類されています。

・機能性側弯(一時的なもの)

不良姿勢、脚の長さに差があるためのもの、坐骨神経痛による側弯など

・構築性側弯症(真の病気としての側弯症)
先天性側弯症
神経・筋性側弯症
神経線維腫症による側弯症
間葉系疾患による側弯症
外傷性側弯症
その他の原因による側弯症
特発性側弯症、乳児期側弯症
学童期側弯症、思春期側弯症

このうち8割は、現在でも原因不明であることから、特発性側弯症と呼ばれています。
変形が強い場合には装具や手術が必要になることもあります。
早期の発見で二次的障害を防ぐことが重要です。

 

予防
これといった予防や治療法はないとされています。
しかし、整体を受けることで変形が緩和されることもありますのでご相談ください。

 

改善のポイント

ba1

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ