リウマチ

一般的にはリウマチは、治らない病気のように言われていますが、

 

東洋医学では、リウマチのことを「水毒」といって、

体の内の流れが滞っていることを意味します。

 

関節が変形してしまていると、その変形は元には戻るのは難しいですが、

 

からだのバランスを整えることで、

「痛みを緩和させたり」

「進行を抑えたり」

「症状の改善」

には、とても効果があります。

 

特に痛みをともなわない、優しくて、気持ちの良い操体法は、リウマチには自信を持ってお勧めいたします。

 

 

以下実際のリウマチ患者さまの症例レポートです。

 

 

本日は20代からのリウマチで、手や肘、膝などの関節が変形していて、

そして8年ほど前から左膝が真っ直ぐに伸びず、

最近ではその痛みで寝られなかったり、歩けない

 

とお困りの60代女性の症例です。

 

カイロプラクティックや整骨院にも20数年通っているそうです。

 

ご縁があり、王子堂にご来院していただけたのが、先月半ばでした。

 

お忙しくされていて、今日約1ヶ月ぶりのご来院で、まずお話をお聞きすると、

 

「あれから左膝が伸びるようになったんです!!」

とお喜びの様子(^-^)

 

しかし、もともと痛かった左膝をかばって無理していた反対の右膝が痛く、

 

そして今朝からは腰も痛むとのことでした。

 

前回同様、カチカチに固まったふくらはぎを「はがし」で緩め、

「つま先上げ操法」

「腕から肩甲骨帯への連動を使った操体法」

 

で全身のバランスを整えました。

 

そしてゆっくりと立ち上がって歩いていただくと、

 

「膝の曲げ伸ばしがスムーズで楽になりました♪」

「痛みも取れました!」

と喜んでいただけました。

 

痛みの激しいリウマチにも、操体法の優しい気持ちいい施術はとても有効です♪

このページの先頭へ