ぎっくり腰

ぎっくり腰は神戸市東灘区 岡本駅前の王子堂へ

 

このような症状でお困りではないですか?

・痛くて動けない
・腰が抜けそう
・寝ててもツラい
・動き始めに痛む
・歩けない
・足がしびれる

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください。

私も20歳前半のころは、激しいスポーツと重労働で、知らず知らずにからだのゆがみを作り

それがきっかけでぎっくり腰を何度も繰り返し経験しました。

ツラいですよね!

しかしゆがみというものを知り、ゆがみに対して意識を向けて治療を続けていくことで、

今ではすっかりぎっくり腰知らずのからだに生まれ変わることが出来ました♪

もし、定期的にぎっくり腰を繰り返してお困りでしたら、きっと当院がお力になえると思います。

「ぎっくり腰について」

ぎっくり腰は症状名です。
神経症状や骨の異常があればヘルニアや分離症などの病名が付きますが、ぎっくり腰はそのような異常は見つかりません。
「魔女の一撃」や「急性捻挫」とも言われます。

腰の骨や仙腸関節の瞬間的なズレなどによることが多いですが、人によって原因部位は大きく違っています。
筋肉の炎症はあることが多いです。
動けなくなるような強烈な激痛、腰がはずれそうになるような症状が多いです。
他の症状としては前屈できなくなる、力むと痛い、寝返りができない、立ち上がれないなどです。

いきなり不意に起こると思われている人が多いですがぎっくり腰は起こるべくして起こっています。
生活習慣や姿勢、筋肉疲労などが原因として考えられます。
重い荷物を持つときなど意識して力を入れているときに起こるのは稀で、靴下を履く、顔を洗う、急にスポーツをしたなど何でもない時に起こることが多いです。

なってしまったら
風呂に入るなどして温めない(筋肉の炎症が考えられるので温めると炎症を強めてしまいます)
むやみにマッサージやストレッチをしない(一般の方の判断でやってしまうとさらに痛める場合があります。)

対処法
・なるべく横になって安静
・冷やす
・とりあえずシップなどを貼って痛みを和らげる
・コルセットをする

動けるようになったら早めにプロの施術を受けてください。
施術を受けることで回復が早まります。
適切な施術を受けないと慢性化しやすく、再発しやすくなってしまいます。
もし施術を受けに行く際にも運転してくるなど座った姿勢は負担が大きいです。
なるべく他の人に運転してもらって横になりながら治療院に行くことが重要です。

予防
・前かがみは厳禁(腰に負担がかかります)
・腰周囲の筋力増強
・姿勢の改善

改善のポイント

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ