かかと意識

こんばんは!

神戸市東灘区「阪急岡本駅」徒歩10秒!「JR摂津本山」からも徒歩3分、
腰痛・肩こり・頭痛・坐骨神経痛・しびれ・自律神経失調症など
の慢性症状が得意な整体院「王子堂」の王子真史です。

 

今日は患者様の症例です。

 

地元大阪、岸和田からずっとご来院してくださっている患者様です。

 

いつもありがとうございます。

 

前回から約2ヶ月ぶりだったのですが、「調子は良い!」とのことでした。

 

普段からとてもハードワークをこなされている方なので、疲れが溜まってくると、肩が凝ったり、足や腰に症状が出ることもありました。

 

しかし、この2ヶ月、良い調子が続いているそうです♪

 

実際に動きを診させていただいても、どの動きもとても良いのです(^-^)

 

なぜかな〜?と思っていると、

 

ふとこんなお話をしてくださいました。

 

前回のお話の中で、

「歪みというのは、普段の生活の中からきているのですよ〜」

と何気なく言っていたのを覚えてくださっていて、

自分でも注意してみると、

 

何気に座っている時に「かかとを浮かしている」ことに気がついてのです。

 

そこから、座る時や立っている時、歩いている時に、

かかとを意識していると、

なんかいい調子だそうです♪

 

この気づき!素晴らしい!

 

「かかと」って実はものすごく大切なのです。

 

先日読んだ、ある記事の中では、

 

「地球は北極星を中心に回転しているように、

実は、人も振動しながら、宇宙の回転と調和していて、

その人体軸の要となるのが、

かかと、仙骨、蝶形骨の三点だそうです。

 

かかとが十分に使えるようになることで、腰に連動し、さらには蝶形骨が振動するそうです。

 

その逆のしかりです。

 

まさに人体の不思議ですね♪

 

コメントを残す

LINE@に登録する
すぐに電話する