手に感謝

こんばんは!王子堂の王子真史です。

 

今日も暖かい春の良い1日でした。

 

 

今日患者さまとの会話の中で、素敵なお話があったので、シェアさせていただきます。

 

操体法では、「息・食・動・想」が生きていくために大切な責任行動とされています。

 

「動」では、「気持ちよく」動くこと、

「想」でも、「気持ち良い」考え方をすると、

心身のバランスが整います。

 

気持ち良い考え方は何かと言うと、1番は「感謝」だそうです。

 

 

ある70代の女性の患者さま。

普段から振舞いが素敵だなーと思っているこの女性からこんなお話が聞けました。

 

突然、

「手ってすごいですよね!!」

 

・・・いきなり言われて初めはよく理解できなかったけれど、

 

この女性が言うには、

「物をつかめたり、書いたり、感覚がわかって、さらに洗っても汚れが落ちるし」

と。

それを聞いて、やっぱり素敵だなーと思いました。

普段からこう言う考えをしているから、

自然と立ち振る舞いに出ていたり、

いつも健康で元気いっぱいなんだな〜と

感心しました!!

 

普通に生活していて、手にまで感謝できている人は少ないように思います。

 

それより、痛くなった、病気になった体を憎んだり恨んだり、、、

 

体はいつも自分のために頑張ってくれているんです(^-^)

 

自分のからだに感謝しましょ♪

 

と思った1日でした。

IMG_1536

 

 

コメントを残す

LINE@に登録する
すぐに電話する