乗り物酔い

こんにちは!整体院 王子堂 王子真史です。

今日は記念すべき王子堂 開院2ヶ月です!!

ということで休みですが夕方まで時間があり、なんとなく朝から王子堂にやってきました♪

 

本日は「乗り物酔い」のお話。

先日A様が乗り物酔いに困っていて、なんとか整体で改善できないかと思い、色々調べてみました。

 

吐き気ほど気分の悪いのものはないと言います。

ひどくなると吐いてしまう。とてもツラいです。

めまい、二日酔い、食中毒。そして、乗り物酔いもその中に入ります。

 

乗り物酔いは、一般的に子どもに多く、大人になるにつれてなりにくくなると言われます。

 

統計的にも、

「乗り物に酔いやすい人は」

男性(9〜16歳)で30%前後、女性(11〜18歳)で40%前後と1番高い値になっています。

しかし、(20~69歳)でも男性は12.3%女性は26.7%と、

以外と大人の方も乗り物酔いに困っている人は多いんです!!

特に女性は大人でも4人に1人は乗り物に酔いやすいんです。

 

乗り物酔いの対処法としては、酔い止め薬や睡眠をしっかり取っておく、正しい姿勢で頭を揺らさない様にする、服はゆったりめを着るなどなど色々あります。

 

整体では、

「背骨の歪み、肩の高さ、重心の左右差」

そこから来るスネの太さの違いをみて整体で調整していくと、

乗り物酔いしにくい体質に変わります。

身体のゆがみが乗り物酔いにも影響するのです。

 

また、鍼灸の師匠、首藤傳明先生も

「左右の築賓(腓腹筋筋腹、下腿内側、上3分の1)への皮内鍼」が効果抜群と言っていました。50年の臨床経験の中でも、その効果は実に100%に近いそうです。すごい!!

 

乗り物酔いでお困りの方はぜひ1度ご相談ください♪

お力になれればと思います(^-^)

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ