O脚・X脚

こんな症状でお困りではないですか?

・歩いていると足が痛い
・階段が辛い
・左右の足の長さが違うように感じる
・腰痛がある
・足がむくみやすい
・よく足を組む

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください♪

「O脚・X脚について」

症状
立っている時に膝が外側へ開くのがO脚、膝がくっつくのがX脚です。
初めは見た目の問題だけの事が多いですが、だんだん症状が進んで変形が強まってくると痛みや機能障害が出てきます。
足が太くなってきたり、むくみや腰痛も起こることがあります。
また、冷え症や便秘の原因にもなることがあります。

O脚の場合、外側の筋肉ばかりに負担がかかります。
長時間歩いていないのに足が疲れたり、ふくらはぎが重く感じたりします。
もともと人間は生まれたときにはO脚になっています。
3歳くらいになるとX脚に変わり、成長とともに自然にまっすぐに治っていきますが、体の使い方や生活習慣に問題があるとO脚が残ったままになってしまうのです。

X脚の場合、症状はO脚と同じような症状ですが膝関節への負担がO脚と比べて大きくなります。
放置して問題となることが多いのもX脚のほうです。
スポーツ障害を起こしたり、膝関節症を起こしたりします。

原因
外反母趾や偏平足、反張膝などでも原因になりますのでその治療を行う場合もありますが、1番多いのは生活習慣です。
体の使い方が悪く、骨盤がねじれてしまっているのです。
ヒールを履いたりする時間が長い人はヒールをやめたりする必要があります。

起こってしまった時の対処法
骨盤矯正や筋肉の調整が必要になります。
人によって原因は様々です。

予防
予防法は症状によって異なりますが、保育園などでよく転んだり、歩き方が変だったりすることで受診し、発覚することが多いです。小児期の時期の適切な治療が重要になります。

 

改善のポイント

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ