整体Q&A

「初めての整体院に行くのはとても不安ですよね。
不安な点は遠慮なくお問い合わせください♪」

整体院 王子堂 よくあるご質問  Q&A

Q1:1回で治りますか?

 「治らないことが多いです。」

※ただし、急な痛み(寝違い、ぎっくり腰、急に肩が上がらない、など)は1回で取れることが多いです。

 当院では、根本の原因である歪みに対してのアプローチを行なっております。

歪みとは、その人のこれまで使ってきた身体のクセ、いわば体質です。

そのクセ、体質を改善していこうと思えば、残念ながら1回では治りません。

繰り返すことによって、身体が徐々に変化してきます。

(痩せようと思って1回食事を減らしても痩せないのと同じです!?)

でも、繰り返し続けていけば必ず身体はそれに応えてくれます。

「継続は力なり」です。

当院では、自宅でできる一人操体法といって、あなたに合った自分で出来る歪みの整え方をお伝えさせていただきます。

一緒に一生、健康なからだを目指していきましょう♪

 

Q2:治るのにどれくらいかかりますか?

これはとてもよく聞かれる質問なのですが、

「人それぞれで違います。」

その人その人の生活習慣(仕事、家事、運動、食事、ストレスなどなど)も違えば、これまでの身体の使いグセや痛み方、過去に大きな病気や手術の有無など、一人ひとり全く違います。

ですので、これぐらいで治ります!とは言い切れません。

 

ただし、1度お身体の診させていただいての身体の反応、

そして2回目までの身体の変化、経過を診させていただくことで

 

おおよそ治るのにこれぐらいの期間は必要だというお話は出来ます。

 

全く変化がない方、私の手に負えないと感じた場合には正直にお伝えさせていただきます。

 

まずは1度診させてください。

 

 

Q3:どれ位のペースで通院したらよいのか?週に何回?

こちらも患者さんそれぞれで、実際にからだの状態を手で感じ取らないと分からないです。

通院ペースに関しては、どの患者さんにも

「無理なく続けられるペースで」

とお伝えしています。

早く良くなりたいからといって毎日続ければ良いというわけではありません。

はじめは週1回程度

良くなってきたら月に2回程度。

 

 

無理なく続けていきながら、しっかりとからだのバランスを取り戻していきましょう!

 

ただし無理なくといっても最初から月に1回程度では、良くなるものも良くなりません。

どのくらいを目指すかにもよりますが、

最初は出来る限りは、週に1回程度は頑張っていただければ

自分の健康は自分で取り戻す!

という強い意志と思いが改善のポイントになります。

ここにも患者さんの性格が現れます。

元の歪みの無い、「しなやかなカラダ」に再修復するには、慎重に気長に事を運ばなければいけないのです。

いまの歪んだカラダにした自分自身の反省の期間ともいえると思います。

自らそれに「気づく」まで、なかなか改善は難しいのではないでしょうか?

そのお手伝いを当院は徹底的に行わせていただきます。

どうぞ、今のツライ症状からの「学び」と「気づき」を新しい自分を作り上げる「キッカケ」にしてください。

 

 

Q5:完全に改善するの?

これは患者さんの知りたい究極の質問ですね。

多くの治療師はこの質問をされると・・・

「しばらく通ってみて、様子をみましょう」

と答えます。

電気でもかけて、時間が経てば自然に治るかな?
程度のいい加減な答えですね。

正直に申せば、完全というのは困難ではないでしょうか? 

どうしてもその部分(腰・肩など)が弱点として残ってしまうようです。

しかし、限りなく完全に近い状態に戻すことは経験上可能です。

ただし、骨折、変形、ヘルニア手術後の部位などの物理的変化(骨の器質的な変化をともなうもの)は経験上、困難であると言わざるをえません。

また、治療回数や期間、年齢などの諸条件が関係することは、皆さんもお分かりと思います。

治療回数も少ない、時々しか来ない、高齢な方が

「さあ改善してみせろ」

と言っても無理な話です。(中年男性に多い・・・)

また、どの人も利き手、利き足、職業のタイプ(立ち仕事・事務仕事・運転手・・・)など職業により同じ動きや姿勢を繰り返し、常に歪みを作りやすい環境の中で生活しているのです。

つまり、生活することは常に歪みが作り出される状態にあるのです。

手・足の酷使、中腰・前傾姿勢の疲労は腰に集中しやすく、腰痛を引き起こし易いのです。

一度しっかり腰痛を改善したら、これを機会に自分の腰痛パターンや歪みの癖を理解し、一日の終わりにはアフターケアを行い、

「その日の歪み(ゆがみ)は、その日のうちに・・・」

の気持ちで生活していただければ、腰痛の起こらない

「完治に近い状態」

を維持することが可能でしょう。

くれぐれも言いますが

「人体は歪みを起こしやすい環境にある」

ということをお伝えします。

また、1人で毎日アフターケアを行うのは飽きるし、怠けてしまいたくなるのも分かります。

むしろ怠けてしまうでしょう。私もそうです。

そこで当院では歪みが解消されて「当院を卒業」された患者さんには市内の健康クラブ(太極拳・ヨガ・フラダンス・水泳)などに通われるのをオススメしています。

または、当院を気に入っていただいた方の中には、2週に1回、月に1回位の頻度でメンテナンス施術で通われている方もおります。

ここからは、皆さんのまったくの自由です。ご自分で選択されて下さいネ。

 

Q6.健康保険は使えますか?

 保険適応に関して、時々お電話にて問い合わせをいただきます。

当整体院は健康保険の適用外です。

整骨院や接骨院と違い、健康保険等は適応されません。

整体院は健康保険が使えませんから、

「患者さんに満足してもらえるかどうか」

で評価が決まります。

また、このホームページをご覧頂いてるあなたはすでに、保険適応の医療機関(整形外科)や接骨院を既に受診されている事と思います。

そして、一向に改善しないことに疑問を感じているのではないでしょうか?

長い待ち時間、ちょっとだけの診断時間。
湿布を貰い、電気治療、牽引。
最後に、ちょこちょこっとマッサージ。

これを経験されていないですか?

健康保険を適応する場合、どうしてもこのような流れになっていまいます。

人数をこなさないと病院や接骨院の経営自体が難しくなるからです。

実費負担であると、その方と「一対一」でじっくりと向かい合うことができます。

当院ではこれは「社会の役割分担」と考えています。保険適応で改善する腰痛や痛みの場合は、保険を有効に御使いいただいていいと思います。

しかし、保険適応の手法でほとんど改善されない症状の方は、整体院などじっくりあなたのカラダと向き合ってくれる施設に行くことが必要だろうと考えます。

「安い」「高い」から、「保険が利かないから」と考えているうちは、まだ本当に悩んでいないのかもしれませんね。

 

Q7整体料金の相場はいくら位なの?

一般的な相場は10分1000円
整体治療の平均的な治療費は10分1000円程度となります。(これはカイロプラクティック等も含め)1回の施術にかかる時間は各治療院によってバラバラですので一概には言えませんが、

「総合矯正」

いわゆる全身の矯正となると45分~60分程度の時間がかかるとお考えください。

最低でも治療には4~5回は通いたい。
腰痛や座骨神経痛などの症状の改善と治療後のリハビリ等には最低でも4~5回の通院を考えておいた方が良いです。

大切なのが「単価」より「効果
整体治療を敬遠される方には

「健康保険が適用されないから」

と仰る方が実はかなりいます。

ですが、本当に苦しい症状に悩んだ方は誰もが思ったはずです。

「この痛みが治るならお金なんか問題ではない」と。

何より大切な事は最短で身体に負担が少ない方法で社会復帰することです。

もしも、「整体」が最も適している場合は迷わず「整体」に通われる事をお勧めします。

相性の悪い健康保険の適用される治療院に通い、後で

「最初から整体にしておけば・・・・」

と後悔先に立たずになってしまう場合もあります。

 

Q8.整体中の服装はどうすればいいですか?

動きを妨げるようなジーンズやスカート出なければOKです。

ジャージやスエットなどでじゅうぶんです。

着替えを持ってきていただいても大丈夫です。

(当院でも着替えの用意はあります)

 

Q9:どのような順序で腰痛は改善されていくのですか?

 

 これは患者さんからの質問というよりも、こちら側の要望としてあなたに知っていて欲しいという気持ちから挙げてみました。

①痛みなどの感覚の異常が改善・緩和されます。

②身体の各部の歪みが正され身体重心が中心(腰)におさまります。

(言い換えれば身体の左右のバランスが調和されます。)

③全身の筋力を向上し筋力を効率よく使えるカラダに変化していきます。
(環境に対しての適応力、竹のようなしなやかで柔軟なカラダになります。

筋肉量が多くてもがちがちのカラダは融通が利きません。むしろ、筋肉は適度にあり、しなやかなカラダのほうが上質です。)

 

このように、大体①②③の経緯を踏みます。

①と②は同時で起きる事も多く、また、②から①へと進む場合もあります。

例えば、検査では歪みは取れているが炎症などで痛みが残っているケースは

痛みが消失するまで時間差が生じます。

しかし、残念な事に多くの患者さんは、①の痛みが消失した時点で、

「治った!」

と思うらしく、その後、あまり足を運ばなくなるようです。

そして数ヵ月後にまた同じように腰痛にて来院されるケースが多いようです。

これは私の説明不足も一因にあると反省しております。

自然の法則(カラダの使い方の原理原則)として、

身体の歪みを[正しては傷め]、また、[治しては壊し]を繰り返す経験を通し、健康の大事さ,有り難さ,を学ぶ機会になっているのかもしれませんね。

痛い思いをしなければ、健康の有り難さがはじめてわかるともいえるのかもしれません。

出来ればはじめから③の「適節な筋力でしなやかなカラダ」を手に入れて

整体院や治療院を卒業するように頑張って欲しいものです。

 

Q10:身体が歪むとどうなるの?

 

カラダが歪むことにより

手足の長さや左右の肩の高さ、首の傾き、首の回りやすさなど、いろいろな部分に歪み(ゆがみ)が顕在化してきます。

本来は限りなく左右対称的に違和感無く動けるカラダが理想ですが、歪みが生じているサインとして片方(一方向)には楽に動くことができて、もう片一方は痛いし、動けないなどという左右差が出ます。

これらは自分で動いてみる事によっても簡単に確認する事が出来ます。

また、鏡の前にで自分の姿を映すことで、

左右の肩の高さの違いや、腕の長さなど形の変化を確認する事も出来ます。

しかし、何といっても自分では見えない

「カラダの後面の歪み」がその人の歪みを明確に表します。

自分に見えない部分というのが自然の恐さでもあります。

また、この「背面の歪み」こそに、施術のヒントが隠されていいるのです。

当院では、この「背面の歪み」をカメラで撮影し、患者さんに説明する上で利用しています。

 

どうぞあなたにピッタリあった整体院・治療院と出会えますように。

 

「ホームページを見て・・・」とお電話ください

1日8人限定

TEL 078−451−0220

営業時間 9:00〜21:00

このページの先頭へ