坐骨神経痛

「座骨神経痛」でお困りの方へ

このような症状でお困りではないですか?

・長時間歩けない
・おしりや足がしびれている
・足に力が入らない
・同じ姿勢が長時間取れない
・靴を履くのが大変
・走れない
・腰痛がある

もし、このようなお悩みがあるのであればぜひ、当院にご相談ください

 

「坐骨神経痛について」

症状
 坐骨神経痛は病名ではなく症状名です。
坐骨神経が圧迫されたり、刺激を受けたりすることで出る痛みや痺れをまとめて坐骨神経痛と言います。
お尻から足の後ろ側にかけて痛みや痺れが出てくる症状です。
重度になると麻痺や歩行障害、排便排尿障害などで日常生活にも支障が出てきます。
坐骨神経の走行に沿って症状が出るのでお尻や太もも、ふくらはぎ、足の指まで出ることがあります。

原因
 梨状筋症候群や腰椎分離症、脊柱管狭窄症、腫瘍など多くの要因がありますが、ほとんどの原因は腰部ヘルニアと言われています。

なってしまったら、
多くの坐骨神経痛は片側に出ます。
もし両側に症状があるなら早めに受診しましょう。
軽度であれば神経障害による筋力低下を防ぐために重力が過度にかからない水中ウォーキングなどを行いましょう。
ただし医師の診断のもと行ってくださいね。

予防
 膝を伸ばしたまま前かがみになる姿勢が1番腰に負担をかけます。
顔を洗うときなど注意が必要です。
重い荷物を持つ際にも腰を曲げるのではなく、1度しゃがんでから膝を伸ばす力を使って持ち上げることが重要です。
歩く際にも踵から地面に接地するようにしましょう。

 

改善のポイント

 体は常にバランスをとっています。

ba1
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

 当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ