不眠

不眠は神戸市東灘区・岡本の王子堂へ

こんな症状でお困りではないですか?

・夜なかなか寝付けない
・眠ろうとすればするほど焦って眠れない
・睡眠薬を飲んでいる
・疲れが抜けない
・寝ていても目が覚めてしまう

もしこのようなお悩みがあるのであれば、ぜひ当院にご相談ください

「不眠症について」

症状
 寝つきが悪かったり、長く寝続ける事が出来ない、睡眠の質が悪いなどが特徴の睡眠障害
現代では5人に1人が不眠症といわれています。

 タイプは4つに分かれます。

・入眠困難タイプ・・・このタイプが1番多い。
布団に入ってもなかなか寝付けない。
明日の為に寝ないといけないと考えるほど寝付けない。

・中途覚醒タイプ・・・夜中に何度も目が覚める。
ストレスや生活の乱れ、アルコールなどが原因かもしれません。

・早期覚醒タイプ・・・予定より早い時間に目が覚め、その後眠れない。

・熟眠障害タイプ・・・眠りが浅く、ぐっすり寝た感じがしない。
日中に眠気に襲われる。

 

原因
・精神的要因・・・一般的に多いのがウツやストレスです。
ストレスによって交感神経が優位になり、副交感神経が働かなくなることで起こります。
脳が興奮し、熱も持つようになるのです。
眠れないということがまたストレスになり悪循環になります。

・環境的要因・・・うるさい、枕が合わない、明るい、暑いなど

・身体的要因・・・頻尿、高齢、痛み、呼吸苦など

・生活習慣的要因・・・カフェイン、ニコチン、運動不足など

対処法
 眠ろうとするとさらに眠れなくなります。
眠くないのに無理に寝ようとはせずに眠くなったら布団に入りましょう。
なるべくリラックスできるように心がけましょう。

 

予防
 ストレスと不眠は大きな関係があります。
ストレスを溜めないように心がけましょう。
ぬるま湯でリラックスしたり、腹式呼吸をしたりして副交感神経を優位にしましょう。
好きな音楽を聞いたり、アロマなども効果的です。
適度な運動や日光に当たることなども効果的です。
寝る前にカフェインの摂取は控えます。
カフェインは交感神経の働きを強めてしまいます。

 

改善のポイント

ba1

体は常にバランスをとっています。
筋肉、骨、神経、リンパ、血流というそれぞれのバランスが絶妙に絡み合う事で健康を保っています。
あなたの体は今、そのバランスが崩れているので調子が悪いのです。
その為、マッサージだけ、神経に対する治療だけ、骨に対する治療だけでは不十分なのです

当院ではお客さん自身がつま先を上げたりなどの簡単な動きをして体を変化させていきます。
私ではなく、お客さん自身の力を使い、本来あるはずの力を引き出す事で体の奥の方まで変わってくるのです。

しかし、負担のかかりすぎる生活をされていると私の施術だけでは不十分なこともあります。
そこで当院では「自分で自分の体を治す方法」をあなたの生活習慣や問題点に合わせ、オーダーメイドで組み合わせた方法を指導します。
多くの方が自分で治せるようになっています。
2人で一緒に協力しながら1番良い方法を考えていきましょう♪

このページの先頭へ